他院で断られた方でもインプラント治療が可能な場合があります

医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

インプラントブリッジという選択

HOME > インプラントブリッジという選択

ブリッジかインプラントか?

ブリッジ治療

ブリッジもインプラントも、失った歯の機能を回復するための治療です。それぞれに良い点と検討が必要な点がありますが、どちらの治療を選択するかは、患者さまのご希望ということもありますが、お口の中の状態によっても変わってきます。

それぞれが、どのような治療かを説明します。

◆ブリッジ

失った歯に隣り合う歯を土台にして失った歯の代替になる人工歯を支える治療です。ブリッジの両端は、被せ物のような構造になっており、土台にする歯を削って被せ接着します。
自由診療の材料を使うことで、ほとんど付けていることがわからない審美性があり、むし歯の被せ物を装着する程度の短期間で治療が完了することが良い点です。
検討が必要な点は、健康な歯を削らなければならない場合がある点と、失った歯があった場所の骨に刺激が伝わらなくなるために、骨が痩せてしまう(周囲の骨に吸収される)ことです。

◆インプラント

歯は歯ぐきから上の部分を歯冠、下の部分の歯根とわけられますが、インプラントとは人工の歯根のことです。失った歯のあった場所の骨に、外科手術でインプラント(人工歯根)を埋め込み、アバットメントという土台を取り付けた上に、上部構造(人工歯)を被せる治療です。
天然の歯と同様の構造になるため、見た目にも変わらず、同じように機能することが良い点です。
検討が必要な点は、それなりに費用がかかることと、治療期間に半年程度を見込む必要がある点です。外科手術を伴うため、治療が行えない場合もあります。

ブリッジの治療を選択する場合は、かみ合わせのバランスが取れるかどうか、失った歯の本数、土台になる歯の状態などを考慮して、長期的な安定が保つことができるかどうかを考慮する必要があります。

ブリッジからインプラントに変える

カウンセリング

ブリッジによる治療を選択する場合、口腔内の状態を考慮する必要があることは前述の通りですが、様々な理由で、ブリッジからインプラントに変更したい、変更せざるを得ないという相談をいただくこともあります。

ブリッジからインプラントに変更する理由

1.ブリッジの支台歯(土台にしていた歯)に問題が生じ、再治療しても外れてしまう。または外す必要があると診断された。

支台歯の問題とは以下のようなケースです。

  • 歯根(歯の歯ぐきより下の見えていない部分)が割れた
  • 歯周病やかみ合わせによる負担で骨が痩せて歯が揺れてしまう
  • 歯髄(歯の神経)の炎症や膿ができ根管治療を行ったが限界を迎えた(抜歯が必要)
  • 虫歯によって歯質が崩壊した
2.失った歯の本数が多いためブリッジが適用外と診断されたが、入れ歯は避けたい
3.支台歯の負担を減らしたい

骨が極度に少ない場合や、全身疾患が悪く外科処置が不可能なケースなどを除けば、大半はブリッジからインプラントに変えることは可能です。当院では、CTで詳しく骨の状態を確認してから治療を検討しますのでご安心ください。

奥歯をインプラント2本でブリッジ

インプラントブリッジ

失った歯が連続で3本以上ある場合に、インプラントを支台歯の代わりにしてブリッジ治療を行うことができます。健康な歯に負担をかける必要がなく、削る必要もないのはメリットです。
ただし、インプラントでブリッジをする場合、片側を天然歯、片側をインプラントという選択は原則できません。両端ともインプラントである必要があります。
その理由は、天然歯には根の周囲に歯根膜というクッションがあり、浮き沈みなど動きを吸収できますが、インプラントには歯根膜がないため、インプラントが揺らされてしまうからです。

奥歯のインプラントブリッジ費用

奥歯のインプラント費用

奥歯にインプラントを使ったブリッジ治療の治療例を紹介します。

◆インプラント2本でブリッジ3歯の治療

「オステム製・セメント固定・不透過性ジルコニア」の場合

インプラント体(人工歯根)2本:130,000円×2=260,000円
アバットメント2本:50,000円×2=100,000円​
上部構造(人工歯):50,000円×3=150,000円
手術管理費:20,000円
1か月毎のメンテナンス:3,000円×3回=12,000円
———
総合計:542,000円(税別)

「ストローマン製・セメント固定・不透過性ジルコニア」の場合

インプラント体(人工歯根)2本:200,000円×2=400,000円
アバットメント2本:60,000円×2=120,000円
上部構造(人工歯):50,000円×3=150,000円
手術管理費:20,000円
1か月毎のメンテナンス:3,000円×3回=12,000円
———
総合計:702,000円(税別)

※選択するインプラントメーカー、上部構造(人工歯)の種類、上部構造の固定方法(セメント固定またはスクリュー固定)、追加手術の有無により、インプラントブリッジの費用は異なります。

・スクリュー固定:+30,000円/1歯
・透過性ジルコニア:80,000円/1歯​

インプラントブリッジを神奈川でお探しの方へ

連続した3本以上の歯を失った場合の治療としてのインプラントブリッジは、通常のブリッジと比較して、支台歯にする天然歯の状態を考慮する必要がなく、負担もかからないという良い点があります。また、全ての歯をインプラントにすることと比較しても費用負担が軽減されるという良い点があるため、充分検討に値する治療だと思います。

当院では、CT(平面的なX線写真とは異なり、あごの骨や血管、神経の位置関係を立体的に確認できる機器)による精密な検査までも含めた無料カウンセリングを行っており、より安全に予後を見据えた治療をご提案いたします。

神奈川でインプラントブリッジをご検討されている方は、是非当院までご相談ください。

このページのTOPへ