ドリルの使用を最小限にする骨拡大インプラント

医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

ドリルの使用を最小限にしたインプラント

HOME > ドリルの使用を最小限にしたインプラント

ドリルを最小限にできる理由

インプラント治療では、あごの骨に穴を開けてインプラント体を埋め込む必要があります。骨に穴を開けるために一般的にはドリルを使いますが、必要のない箇所まで骨を削ったり、ドリルで神経を傷つけてしまうというような医療事故も起こっていました。そのような事故を減らし安全性を高め、できる限り体への負担を少なくするために開発されたのが、骨拡大と呼ばれるインプラント治療です。当院では、骨拡大・インプラントを導入し、安全で体に優しい治療法をご用意しております。

骨拡大・インプラント治療とは

骨拡大・インプラント治療ではドリルを使わずに骨に穴を開けていき、骨を削る量も最小限に抑えているため、ほとんど出血もありません。出血も少ないので体への負担も軽く、骨粗しょう症の方にも対応できる治療法です。安全で体にやさしい治療法として、現在各界から注目されています。

※身体へのダメージを極力少なくするため、通常のインプラント手術より時間が掛かります
※骨が硬すぎる場合は、適用できないことがあります

歯周病の内科的治療

骨拡大・インプラント治療は安全や体にやさしい治療法として注目されておりますが、ですが、治療を行うにあたって非常に難易度が高い治療法となるため、どこの歯科医院でも受けられるというわけではありません。当院の理事長は、国際審美学会から認められ、先進インプラントシステム認定医でもあるため、骨拡大、インプラント治療が行える数少ない歯科医院なのです。

骨拡大・インプラントのメリット

  • 出血が少なくて済む
  • 手術時にドリルの音や振動で恐怖を感じることがない
  • 短期間での治療が可能
  • 骨を削る量が必要最小限で済むので、骨とインプラントが結合しやすい
  • 高血圧や骨粗しょう症の方にも適応できる
  • 安全性が高く、体への負担が少ない

骨拡大・インプラント治療であれば骨粗しょう症の方でも可能

インプラント治療が成功するかどうかには、あごの骨の量や質が大きく関わってきます。そのため、加齢などにより骨粗しょう症にかかっていると、インプラント治療が行えないことがありました。

骨拡大・インプラントでは、特殊な器具を使ってあごの骨に開けたごく小さい穴を少しずつ拡げてインプラント体を埋める穴を作ります。骨を少しずつ拡げることで骨が穴の周囲に寄せられ、骨密度も上がっていきます。そのため、骨粗しょう症のような骨密度の低いケースでも、適応できる可能性が高くなりました。

他院で「骨密度が低いためインプラント治療ができない」と診断された患者さまも、ぜひ一度ご相談ください。相談は無料で行っております。CT撮影などで骨の状態をきちんと調べて、インプラント治療が可能かどうかの診断をしています。

インプラント事故の原因をご存知ですか?

昨今インプラント治療事故の報道が多く、事故原因の多くが骨に穴を開ける切削時に起こっております。
ドリルで神経や血管を傷つけてしまい、神経麻痺や異常出血などを引き起こしているのです。

日本顎顔面インプラント学会の調査

3年で421件の事故の6割近くが骨に穴をあける際に神経を傷つけ、麻痺・しびれが残っていた(日本顎顔面インプラント学会の調査)

事故の中で下あごの神経損傷が最も多い

事故の中で下あごの神経損傷が最も多い

骨拡大・インプラントの治療法としては、糸くらいの太さのごく小さな穴を開け、その穴に特殊な専用機器を入れ、少しずつですが穴を広げていきます。
この施術は機械などで行うのではなく、全て手作業で行いますので、誤って骨を貫通させてしまったり、神経を傷つけてしまうといった事故はほとんどありません。
特に当院では「骨に穴をあけること」「神経・血管を傷つけないこと」に細心の注意を払っています。骨の量や固さに応じて、樹脂機や器具装置を使い分けてさまざまな事故防止に努めています。

このページのTOPへ