医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

第二の永久歯と言われているインプラントの最新治療法とは?

HOME > お役立ち情報 > 第二の永久歯と言われているインプラントの最新治療法とは?

お役立ち情報 2020/02/12

第二の永久歯と言われているインプラントの最新治療法とは?

インプラントは、入れ歯やブリッジと比較すると、機能面や審美面そして残存歯の健康維持においてメリットが多い治療として注目を集めています。インプラント治療の歴史はそれほど浅くはありませんが、技術の進化は目覚ましいものがあります。今回は、インプラント治療における最新治療法についてお話をいたします。

オーソドックスなインプラント治療法とその問題点

インプラントは、失った歯の部分の歯ぐきを切開し、顎の骨にドリルで穴を開けてインプラント体を埋め込むという治療を行います。もちろん麻酔をしてから外科処置を行うため、術中に痛みを感じることはありません。切開した歯ぐきは糸で縫合をし、切開した歯ぐきの傷が治るのを待って抜糸をします。この際、インプラント体は全て埋め込まれることになります。ここまでが一次手術と呼ばれる工程です。

その後インプラント体と顎の骨の結合が確認できるまでの数か月間は安静期間に入ります。インプラント体と顎の骨の結合が確認でき次第、歯ぐきに麻酔をして切開し、インプラント体の先端を露出させます。これを二次手術と言います。歯ぐきの回復を待ち、上部構造と言われる人工歯の型取りを行い、出来上がった被せ物を被せて治療を終えます。

この治療法は、インプラント治療で最も多く行われている術式(二回法)で、インプラントを行っているほとんどの歯科医院で導入されている方法です。

ではこの治療法に問題点はないのでしょうか。
この術式における問題点は、歯ぐきの切開における出血と、手術時間、治療期間が長くなることです。歯ぐきの剥離の範囲は少ないとはいえ、術後の痛みや腫れ、出血を伴います。
また手術時間も長くなり、患者様の体への負担がかかってしまいます。特に高血圧など全身疾患をお持ちの方は、血圧等のコントロールをしながら手術を行うため、手術時間が長くなる傾向があり、手術後に感じる疲労感が大きくなるでしょう。
そして外科手術が二度必要であることも、二回法における問題点のひとつです。二次手術は時間は短いですが、再び歯ぐきの切開を伴います。

このように、従来の治療法はこのような問題点を抱えていると考えられるでしょう。

インプラントにおける最新治療法とは?

インプラント治療の技術が進んでいる今、最も注目を集めている治療法としてまず、「フラップレス(無切開)インプラント」が挙げられます。最新のインプラント治療であるフラップレスインプラントにおける従来の術式との違いや、その他インプラントに付随する最新治療についてお話を進めていきましょう。

サージカルステントを使ったインプラント治療

サージカルステントとは、インプラントを正確に埋め込むためのガイドのことで、サージカルガイドとも呼ばれています。インプラントの成功は、正確な位置や角度でインプラントを埋入することに尽きます。また安全性を高めた治療を行うことも、インプラント治療には欠かせません。先ほどご紹介したフラップレスインプラントではこのサージカルガイドを使うことも多く、より正確で安全性を考慮した最新治療のひとつです。

骨造成手術

インプラントを行う際に不可欠なのは、顎の骨の量です。顎の骨が薄いと、インプラントをしっかり支えることができません。加えて上顎の場合、インプラント体が顎の骨を突き抜けてしまう恐れがあります。このようなことを防ぎ、安全にインプラント治療を行うためには、骨造成が必要になります。骨造成の方法はサイナスリフトやソケットリフトなどがありますが、最新治療法として「GBR」という方法があります。骨が不足している部分の骨をメンブレンという人工膜で覆って補強する材料を充填して骨の厚みを増します。

GBRは審美面においてもメリットが多い治療法です。歯を失ってしまうと骨が吸収されてしまいますが、それとともに歯ぐきも下がってしまいます。特に前歯を失ってしまって骨吸収が起こっている場合、歯肉が大きく退縮してしまうことがあります。この状態で前歯のインプラントを行うと、歯肉と人工歯のバランスが悪くなり、不自然な仕上がりになってしまいます。前歯のインプラントを行う場合、GBR治療を併用することでより美しく仕上がります。

ただしこのGBRは高度な技術を要するため、技術の差が出やすいのが難点です。前歯のインプラントをお考えの方は、歯科医院選びが重要となります。

最新治療を取り入れ、より安全性を高めたインプラント治療

インプラント治療における最新治療法をご紹介しました。インプラント治療を行っている歯科医院は多いですが、日々進化する歯科医療とともに、常に最新情報を取り入れ、日々研鑽を重ねている歯科医院の特徴のひとつは、安全性を考慮していることです。機能性や審美性はもちろんのこと、最新治療では安全性を重視しており、患者様が安心してインプラント治療を受けていただくことを常に念頭に置いて治療を行っています。
インプラント治療は歯科医院選びが全てと言っても過言ではありません。しっかりと調べ、安心して治療を受けられる歯科医院を選ぶようにして下さい。

このページのTOPへ