医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

機能だけでなく見た目も重視したい方にお勧めなインプラント治療

HOME > お役立ち情報 > 機能だけでなく見た目も重視したい方にお勧めなインプラント治療

お役立ち情報 2020/01/21

機能だけでなく見た目も重視したい方にお勧めなインプラント治療

ひどい虫歯や歯周病、そして事故などによって歯を失ってしまった方は、早急に噛む機能を取り戻す治療に進まなければいけません。その際の選択肢として多くの方は入れ歯になってしまうことでしょう。しかし入れ歯は金属のバネが見えてしまうため、見た目が気になるのではないでしょうか。今回は、機能だけでなく審美性にも優れているインプラントの特徴をお話したいと思います。

欠損補綴治療の選択肢は3つ

虫歯や歯周病などで歯を失った場合の機能回復治療には、入れ歯、ブリッジそしてインプラントがあります。入れ歯とブリッジは保険が適用となるため、治療費を抑えることができますが、インプラントはごく一部の症例を除いて保険適用外、つまり自費治療となり、全額自己負担となります。この点においては保険が効く入れ歯、ブリッジに分があると言えるでしょう。

そこでまず保険適用となる入れ歯とブリッジを比較してみましょう。入れ歯は一本の欠損から全ての歯を失ってしまったケースまで、幅広く対応することができます。保険適用の入れ歯は保険で定められた材料を使って作製されることになります。部分入れ歯、総入れ歯ともに素材は樹脂で作られ、部分入れ歯の場合、必ず金属のバネが必要となります。そのため前歯に部分入れ歯を装着するとバネが見えてしまうため、見た目がとても気になるという声が非常に多く聞かれます。なお自費の入れ歯になるとバネを使わないものが選択できるため、審美性はある程度向上しますが、噛む力が弱いという感はやはり否めません。

いっぽうブリッジは失った歯の両隣の歯を土台として、3本以上の繋がった人工歯を装着する補綴治療です。そのため土台となる歯が健康であることが第一条件であり、土台となる歯がない場合や、虫歯や歯周病などでブリッジの土台として不向きと判断された場合、ブリッジによる治療はできません。

着脱式の入れ歯と異なりブリッジは固定式のため、噛む力は強くしっかりと噛むことができます。見た目に関しては、前歯は見える表側が白いレジン、裏側が金属となるため保険適用でもある程度の見た目はキープすることができます。ただしブリッジは複雑な保険の決まりがあるため、歯科医師の確認が必要になる場合もあります。
奥歯は金属と決まっており、お口を開けたときに金属が見えてしまいます。特に下の奥歯に保険のブリッジを入れた場合、かなり金属が目立つため審美性はぐっと劣ってしまいます。
そしてブリッジの最大のデメリットは、健康な歯をたくさん削らなければならないことです。土台となる歯が健康であることが条件なうえ、この健康な歯をたくさん削ることにより歯の寿命に影響が出てしまうことは、大きなリスクとなるでしょう。

入れ歯もブリッジも、見た目以上に土台となる歯に影響が出てしまうことから、他の歯の健康への懸念を抱えてしまいます。
つまり入れ歯、ブリッジともにメリットがある反面、それ以上に大きなデメリットを持ち合わせている治療法であると考えられます。

インプラントは本当に入れ歯、ブリッジよりも優れているのか?

Dentist hand holding of jaw model of teeth and cleaning dental with dental tool.

インプラントは、外科手術によって顎の骨にインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を装着して噛む機能を取り戻す欠損補綴治療です。歯を失った理由が虫歯や歯周病、それに伴う抜歯などの場合、保険適用とならないため自費治療となり、治療費が高くなること、外科手術が必要となることはインプラント治療のデメリットでもあります。

しかしインプラントは自然な噛み心地と美しい見た目、そして他の歯に影響を与えることなく治療ができること、そして残存歯の健康を維持しやすいことにおいて、入れ歯やブリッジよりもずっと優れている治療法です。入れ歯のように見た目を気にすることなくしっかりと噛んでお食事ができることは、健康な毎日を送るために欠かせないことでしょう。

そして何よりも、他の歯の健康を守りやすいことは今後の生活を送るうえで大変重要なことであることをご存じでしょうか。入れ歯やブリッジは、土台となる歯にダメージがかかりやすく、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。最終的には歯を失ってしまうリスクを考えると、インプラントのメリットがよくおわかりいただけることと思います。

見た目も美しい、インプラントに使われる人工歯について

インプラントが審美的にも優れている理由のひとつに、人工歯の美しさがあります。入れ歯やブリッジで使われている人工歯の素材はレジンで、作製当初は審美的にも大きな問題はありません。しかしレジンは樹脂特有の傷がつきやすいというデメリットがあります。使用しているうちに細かな傷が付くため、毎日の飲食による着色や細菌が付着してしまいます。そのためだんだん黄ばみやくすみが生じ、審美面を損ねてしまいます。

インプラント治療で使われる人工歯は、ほとんどがセラミックを使ったものになります。セラミックは白くなめらかで汚れが付きにくく、長持ちしやすい素材です。特に目立つ前歯の人工歯は最も美しく仕上げなければいけません。と言って、あまりにも周りの歯と比べて白過ぎると、かえって不自然に見えてしまいます。インプラント治療に使う人工歯は、「自然な白さ」です。ではインプラント治療で使われる人工歯の種類についてご紹介しましょう。

オールセラミッククラウン

全てセラミックでできている人工歯で、自然な美しさが持ち味です。見た目の美しさを生かすため、主に前歯に使われます。強度は強めですが、セラミックはあまり強い圧力がかかると割れてしまう可能性があるため、奥歯ではあまり使われません。

ジルコニアセラミッククラウン

セラミックに人工ダイヤモンドと言われているほど強度が強いジルコニアを混ぜた素材で、美しさと強度を兼ね備えています。前歯、奥歯ともに適用できます。オールセラミックと比べるとやや費用が高くなります。

オールジルコニア

全てジルコニアで作られた人工歯です。非常に硬く、強度を必要とする部位に適しています。なおオールジルコニアは色の種類が少ないため、人工的でやや不自然な白さになることから前歯では使われず、あまり目立たない奥歯で使われます。

まとめ

インプラント治療は、入れ歯やブリッジと比べると審美面が重視される治療法です。また使用する人工歯もセラミックを使ったものが使われるため、美しい見た目に仕上がります。
機能はもちろん見た目も美しく仕上げたい方にとって最適な治療法となることでしょう。

このページのTOPへ