医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

インプラントトラブルとは?安心の保証があるか確認しよう

HOME > お役立ち情報 > インプラントトラブルとは?安心の保証があるか確認しよう

お役立ち情報 2019/11/27

インプラントトラブルとは?安心の保証があるか確認しよう

インプラントは見た目も自然でしっかりとかむことができるようになるメリットの多い治療です。

そのため、広く歯科医院で治療されるようになってきましたが、歯科医師の技術や治療後
のケアなどによってはトラブルになってしまう事もあります。

そこで今回はインプラントトラブルと保証について詳しくご紹介します。

インプラントトラブルとは?

インプラントと骨が結合しない

インプラントはあごの骨の中にインプラントを埋め込んで、その上に人工歯の被せ物をする治療です。
 
一般的に、骨の中に埋め込んでから3~6カ月の定着期間をおきますが、インプラントが骨と結合して定着しないと、骨と定着せずグラグラする場合や、脱落することがあります。

原因とは?

骨がやわらかすぎた

骨が少なくなってしまったり、やわらかすぎる場合には骨を増やす治療をしたりしますが、治療計画の時に判断が甘く、そのままインプラントを埋め込んでしまうと定着しない原因になってしまいます。

骨が硬すぎた

骨が硬いとメリットになる様に思いますが、硬すぎる骨は血流が良くなく、インプラントの定着に影響があることがあります。

骨火傷してしまった

通常インプラントを埋め込む際に、骨にドリルをする時は水などで冷やしながら削っていきますが、きちんと冷やす事ができない場合や硬すぎる骨を無理に削ってしまうと骨に熱を生じて骨が火傷してしまいます。
この場合には骨と結合できずに痛みを伴ってしまいます。

インプラントと結合しない事を回避するには?

インプラントトラブルにならないためには、事前にしっかりと検査をする事が大切です。
そのためには、レントゲンだけでは無く、立体的に確認できる歯科用CTを撮影して骨の厚みや骨密度など確認することが大切です。

また、パソコンでCT画像を取り込んで、あごの骨に対してどの位置にインプラントを埋入すると良いか診断ができるシュミュレーションソフトで確認できるとより安心です。

人工歯が破損する・外れる

考えられる原因は?

インプラントと人工歯を結合するアバットメントが緩んでいる

セメントで装着している場合には、浮いてきていないか、はみ出たセメントの取り残しがないかを確認する事が大切です。
ねじ式の場合には『ねじ』を締めなおす事で解決します。

噛み合わせが強すぎる

インプラントは天然の歯に比べて、柔軟性があるクッションの役割をする部分がないです。
その分インプラントにも被せ物の人工歯にも負担がかからない様な噛み合わせにする事が必要です。
噛み合わせが強すぎると欠けてしまう事や破損する原因になってしまいます。

人工歯の破損・外れる事を回避するには?

噛み合わせをチェックしたり、外れそうな事を確認するには定期的なメインテナンスをしっかりと受ける事が大切です。
定期的にチェックする事で、不具合が起きる前に確認して、ねじが緩んでいる場合や人工歯が取れそうな場合にはしっかりとつけなおす事が出来ます。

またメインテナンスをする事で汚れが残っていないか確認する事もできます。
インプラントは虫歯にはなりませんが、汚れが着いたままになっているとインプラント周囲炎になります。
その様な状態にならない様に、しっかりと汚れを除去してインプラント周囲炎にならない様にしましょう。
また、定期メインテナンスでインプラントのトラブルになる前にできることは対処して汚れもしっかりと除去できます。

インプラント手術時のトラブル

インプラント手術時のトラブルとして、まれにしびれや大量の出血をする事があります。
これらは、動脈を損傷したり血管を圧迫したりする事で起こる可能性のあるトラブルです。

また、骨に穴を開けていく際に動脈を傷つけてしまう場合や、埋入する場所が誤っていて血管を圧迫して麻痺などが起こる可能性があります。

この場合には神経を修復する手術が必要になる場合や、後遺症が残ってしまう事もあります。

インプラント埋入時のトラブルを回避するには?

ガイドを使用して埋入位置を確認

ガイドを使用すると、CT画像を取り込んでインプラントの位置を決めてマウスピースを作るので、より精密な位置まで正確に確認する事ができます。

カウンセリングで希望を伝える

カウンセリングでどの様な状態が希望かをしっかりと伝えておく事が大切です。
できる事やできない事、メリットやデメリットを確認した上で治療する事でトラブルのリスクを回避できます。
また治療に対する疑問点はカウンセリングで解決しておくと安心です。

インプラント保証

インプラント保証はその歯科医院によってきまりが違うことが多いですが、10年保証を設けている所が多いでしょう。
保証の内容も骨に埋め込んだインプラントの保証が10年でも、被せ物の保証は5年など、その対象になる部分によって保証期間が異なることがあるので確認しておきましょう。

外部の保証機関

インプラントの10年保証を行っている歯科医院が増えてきていますが、歯科医院独自で行っている保証以外に第3者機関が保証を行っている所もあります。

外部の保証システムによって提携している歯科医院であれば、他の歯科医院でも同じ保証を受けることができます。

外部の保証期間を導入している歯科医院は10年の期間の間に転勤や転居などでライフスタイルが変わってしまっても、長い期間インプラント治療をフォローができます。

また、第3者機関が判断するので、公正な判断をすることができて安心です。

インプラントのトラブルを回避するためには、きちんと必要な検査をしてくれるのか、どの様な治療をするのか確認する事が大切です。

 インプラントはケアをして使用すると長い期間良い状態で使うことができるのでメインテナンスと日頃のケアを大切にしましょう。

 またトラブルになっても保証があると安心です。
 保証の内容もきちんと把握して安心してインプラント治療を受けてくださいね。

このページのTOPへ