医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

インプラント治療の身体的負担と金銭的負担はどのくらい?

HOME > お役立ち情報 > インプラント治療の身体的負担と金銭的負担はどのくらい?

お役立ち情報 2020/12/24

インプラント治療の身体的負担と金銭的負担はどのくらい?

虫歯や事故で歯を失った場合の治療法として挙げられるインプラントではありますが、外科手術を伴うために身体への負担や金銭的負担を懸念する患者さまも少なくありません。そこで今回は、インプラント治療における身体的負担、さらには金銭的負担について詳しくご紹介して参ります。

インプラント治療はどんな手術をするの?

インプラント治療は、ブリッジや入れ歯と異なり、外科手術を必要とする治療法であり、歯槽骨と呼ばれる自身の顎の骨にインプラント体と呼ばれるチタン製の人工歯根を埋め込み、さらに人工歯根と人工歯(補綴物)を繋ぐアバットメント(土台)で繋ぎ合わせ、装着した人工歯で失った歯の機能を補います。

ブリッジは失った部位の両隣の歯を土台にするために削り、橋を架ける様に補綴物を被せて失った歯の機能を補います。また、入れ歯は健在する歯にクラスプと呼ばれる金属のフックを引っ掛けて維持し、失った歯の機能を補います。インプラント治療は歯槽骨にインプラント体を埋め込み、人工歯を被せ失った歯の機能を補う、歯を失った際に行う治療法の1つです。

インプラント手術を行う場合の身体への負担は?

インプラント体を歯槽骨に埋め込むには外科手術が必要であり、身体への負担を懸念される患者さまも少なくありませんが、インプラント手術は歯槽骨の状態や、血管、神経の位置を把握するために精密検査を行い、正確にお口の中の状態を把握した上で、できるだけ患者さまのご負担を抑えるように手術は行われます。

また、歯槽骨に埋め込むインプラント体の品質や性質をご心配される患者さまも少なくありませんが、インプラント体の多くはチタンと呼ばれる金属からできており、人骨と結合する特性があります。金属の中でも非常に生体親和性に優れた物質として広く知られています。

この特性は、1952年にペル・イングヴァール・ブローネマルク博士によって、ウサギの骨とチタンが結合することが発見され、歯科治療に応用されるようになり、人骨と結合するこの特性を「オッセオインテグレーション」と名付け、他の金属では人骨と結合することのなかったインプラント史上において、革命的な発見となりました。

インプラント体が金属からできていることから心配されるのが、金属アレルギーでありますが、チタンは金属アレルギーを引き起こすリスクが低いとされ、アレルギー症状を引き起こすことで知られるニッケルクロム合金やパラジウム合金とは異なります。また、扱っている医院は少ないですが、ジルコニア製のノンメタルインプラントもあるので金属アレルギーが心配な方はノンメタルインプラントを選択されると良いでしょう。インプラント体の多くは人体に負担が掛かりにくい金属を使用しているため、身体への負担は少ないと考えられます。

インプラント手術が負担となる疾患がある場合

Dental implant and magnifying glass isolated on white background. 3d illustration

これまで、インプラント手術は身体への負担が少ないとご紹介して参りましたが、下記記載の疾患がある場合には、身体への負担を考慮するべきであるとしインプラント手術をする事が禁忌とされています。

【インプラント手術が禁忌とされている疾患】

▼心臓病
▼高血圧(160以上の場合は特に禁忌)
▼糖尿病(若年性糖尿病の場合は特に禁忌)
▼骨粗しょう症(ビスフォスネート服用の場合は特に禁忌)
▼血液疾患(白血病の場合は特に禁忌)
▼肝臓疾患
▼腎臓疾患(腎不全の場合は特に禁忌)
▼免疫疾患(リウマチ、膠原病、副腎皮質ステロイドホルモン剤を服用の場合は特に禁忌)

ただし、麻酔の方法や使用するインプラント体によっては疾患があっても治療が可能な場合もありますので、インプラント治療をご検討の場合はカウンセリングを受けてみても良いかもしれません。

インプラント治療を行う場合の金銭的負担は?

費用相場

次にインプラント治療における金銭的負担について、ご紹介して参りましょう。インプラントは、虫歯や歯周病、事故などの外傷によって歯を失った場合に行われる治療法の1つではありますが、ブリッジや入れ歯治療を行う際にも適用される保険治療の対象となる条件が定められており、その条件を満たしていない場合には、インプラント手術に掛かる費用は全額自己負担となります。

全てのインプラント治療に保険治療が適用になると、誤った知識をお持ちの患者さまも少なくありませんが、以下の条件を満たし場合のみ保険治療は適用され自己負担額を抑えることが可能となります。

【インプラント手術が保険治療適用になる条件】

下記のいずれかに該当し、入れ歯やブリッジなどの治療では回復が難しいと診断された場合にはインプラント治療が適用となります。

◇ 事故による外傷、腫瘍・顎骨骨髄炎などの病気によって、広範囲にわたり顎の骨を失ってしまった状態

◇ もしくはこれらが骨移植によって顎の骨が再建された状態

◇ 医科の保険医療機関の主治医によって、先天性疾患(うまれつきの病気)と診断され、顎の骨の1/3以上が連続して欠損している状態

◇ 顎の骨の形成不全

※適用となる範囲について
▼上顎:1/3以上が連続して骨が無い、また鼻腔や上顎洞へ繋がっている場合
▼下顎:1/3以上が連続して骨が無い、また疾患により切除が適切であると診断された場合

上記記載の条件に該当する場合に、下記記載の条件に当てはまる医療機関での治療を受ける場合のみ健康保険の対象となります。

◇ 20床以上の入院用ベッドを保有する歯科や歯科口腔外科で下記のどちらかに該当する歯科医師が、常勤で2名以上配置されている

◇ 歯科または口腔外科で5年以上の治療経験がある、またはインプラント治療の経験が3年以上ある歯科医師2名以上が常勤勤務している

◇ 国が定めている医療機器や医薬品を安全に管理できている

◇ 当直体制がある

保険治療が適用とならない場合には、1本30万円から50万円程度の治療費が全額自己負担となり、金銭的負担が大きくなってしまいます。

インプラント費用は医療費控除の申請をすることが可能です。インプラント手術で支払った費用を含む医療費が1年間で10万円を超える、または年間所得金額の5%を超えた場合には(いずれか少ない方)、最高200万円を限度に超えた分だけの金額を総所得金額から控除することができ、金銭的負担を抑えることが可能となります。

インプラント手術は精神的負担を軽減

インプラント手術を行うには身体的負担や金銭的負担があることをご紹介して参りましたが、「入れ歯には抵抗がある」、「入れ歯が合わない」、「ブリッジに食べ物が良く挟まり苦痛」などの精神的負担となっていた問題を、インプラント手術を行うことで解決することができ、精神的負担を軽減させることが可能とななります。インプラント手術を受けられる多くの患者さまは機能性や審美性はもちろんのこと、精神的負担を少しでも抑えるためにインプラント手術を受けられていることが見受けられます。

まとめ

以上、今回はインプラント治療における身体的負担や、インプラント治療を受けるための金銭的負担についてご紹介して参りました。当院では、患者様の身体的負担・金銭的負担を軽減するためのインプラント治療を心がけています。インプラントをお考えの場合には、是非お気軽にご相談ください。

このページのTOPへ