医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

上顎の骨が少ない方のための治療法「サイナスリフト」とは

HOME > お役立ち情報 > 上顎の骨が少ない方のための治療法「サイナスリフト」とは

お役立ち情報 2019/08/05

上顎の骨が少ない方のための治療法「サイナスリフト」とは

機能性、審美性に優れているインプラントは、日常の生活を快適なものへと導く優れた治療法です。しかしインプラント治療は外科手術を伴い、入れ歯などに比べるとリスクを伴う治療のため、不安を伴うのも当然です。ここで重要視されるのが、安全性です。では安全性を重視したインプラント治療とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

顎の骨が薄い方のインプラントリスクについて

上顎にはいくつか空洞があります。その中のひとつで、上顎と目の下、そして鼻の横にある大きな空洞を「上顎洞」と言います。空洞の大きさには個人差があり、患者様によってはこの空洞が大きい方もいらっしゃいます。

上顎の奥歯を失うと、サイナスと呼ばれる上顎の空洞部分が拡大します。
また歯を失ってしまうと骨吸収が始まります。その結果上顎の骨が薄くなり、インプラント体を埋入するために必要な骨の量が確保できないケースがあります。そのためインプラント治療を希望しても、空洞部分が拡大して骨が薄くなった状態では、インプラント埋入が難しくなってしまいます。

インプラント治療を希望される場合、まずレントゲン撮影やCT撮影を行ってお口の中を精査し、インプラントを埋入しても問題がないかどうかを確認します。
と言うのも、安全にインプラント治療を行うためには、失った歯の部分に十分な骨の量があることが大前提になるからです。

特に上顎は下顎に比べて骨が柔らかいため、安全そして正確にインプラントを埋入できるかどうかを慎重に見極めなければいけません。上顎のインプラントは、上顎洞が影響するため、下顎よりもリスクが高くなってしまいます。

上顎にインプラントを埋入する際、上顎洞までの骨に厚みが少ない場合、そのままインプラントを埋め込むとインプラントが骨を突き出てしまう恐れがあります。
また上顎洞にインプラントが落ちてしまうと、膿が溜まるなどの不快症状を引き起こす可能性が出てしまいます。

インプラント治療で重要となるのは歯ぐきではなく、顎の骨の量です。顎の骨が十分になければ、インプラントを埋め込むことが困難になります。この状態ではインプラントがしっかり固定されないばかりでなく、血管や神経を傷つける可能性も持ち合わせていると言えるでしょう。

上顎の骨が薄い方向けのインプラント治療「サイナスリフト」とは?


では上顎の骨が薄い方は、インプラント治療を諦めなければいけないのでしょうか。答えは「インプラントを埋め込めるだけの骨を造成することでインプラント治療が可能になる」です。つまり顎の状態をインプラントができるよう、特殊な治療を行うことでインプラント治療のスタートラインに立つことに繋がるのです。その特殊な治療が「サイナスリフト」と呼ばれる、顎の骨の造成手術です。

サイナスとは「上顎洞」、「リフト」は「持ち上げる」という意味です。つまりサイナスリフトとは、薄くなった上顎の骨を手術によって厚みを出し、インプラントを埋入するための十分な骨量を作り出すことです。
一般的な骨の厚みより5ミリ以上少ない場合、サイナスリフトによる骨造成の手術を行い、インプラントを埋め込む土台を作ります。またインプラントだけでなく、多くの歯を失った場合の土台確保が難しい場合にもサイナスリフトは行われます。

シュナイダー膜と呼ばれる上顎洞粘膜を上顎洞から剝離して拳上し、それによって出来上がったスペースに人工骨や他の部位から採取した自家骨を移植して上顎洞の底に骨を作ります。こうすることによりインプラントを埋入するために必要な骨の厚みを確保することができます。

サイナスリフト術後約6ヶ月で移植した骨が安定します。骨が安定したことを確認後、インプラント治療をおこなえるようになります。

このように、サイナスリフトを行うことで、骨が薄くインプラント治療は不可能と言われていた上顎奥歯のインプラント治療が可能となったことは、患者様にとってとても大きなメリットだと言えるでしょう。

その一方で、インプラント治療前にサイナスリフトを行わなければいけないことから治療期間が長くなること、また自家骨を移植する場合、採取する部位の負担が大きくなることがデメリットとなります。

サイナスリフト以外の骨造成について

サイナスリフト以外にもいくつか骨造成の治療法があります。次に代表的な2つの治療法についても触れておきます。

・ソケットリフト

ソケットリフトはシュナイダー膜までの骨の高さが5ミリ以上あるケースで適用可能となります。サイナスリフトは歯ぐきの側面から治療を行いますが、ソケットリフトは、歯が生えていた部分、あるいは抜歯した際に生じた穴から治療を行います。上顎のインプラント埋入部分の穴に移植骨を入れ、少しずつシュナイダー膜を押し上げることで、インプラント埋入に必要な骨の高さを確保し、インプラント埋入を行います。
サイナスリフトと比べると患者様の負担が少なく、治療期間もサイナスリフトより短くなることが特徴です。

・GBR法(骨再生誘導法)

GBR法とは、骨吸収された部分に人工骨や自家骨を移植したり、メンブレンなどを用いて骨を増やすためのスペースを確保することで、骨の再生を促す治療法のことを言います。インプラントを埋入するために必要な骨の量が不足している場合、インプラント手術前や手術と同時に行われます。

高度な技術を必要とする骨造成治療

インプラント治療は高度な技術を必要とする治療です。特に上顎の奥歯のインプラント治療は非常に難しく、骨量が不足しているとインプラント治療そのものが行えません。

このような問題を解決し、インプラント治療を行えるようにする治療が、サイナスリフトなどの骨造成です。しかし骨造成は非常に高いテクニックが求められる治療で、どこの歯科医院でも導入しているわけではありません。インプラント治療を行っていても、骨造成治療は行っていない、あるいは行えない歯科医院も多いため、インプラント治療を諦めてしまう方もいらっしゃることでしょう。

サイナスリフトなどの治療を行うことでインプラント治療は可能になり、入れ歯では味わえない、快適な生活を送ることができることはとても有意義なことでもあります。もし上顎のインプラント治療が骨の厚みが不足しているために断られた場合、サイナスリフトなど骨造成治療の実績が高い歯科医院でセカンドオピニオンを受けてみるのもひとつの方法でしょう。

このページのTOPへ