医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

インプラント治療が受けられないケースとは?

HOME > お役立ち情報 > インプラント治療が受けられないケースとは?

お役立ち情報 2019/02/04

インプラント治療が受けられないケースとは?

インプラント治療が受けられないケースがあるのを知っていますか?

インプラント治療では事前の診査で「治療を安全におこなえない」または「インプラントの予後が悪くなる」と予想される場合、治療が受けられないことがあります。ただしあくまで「現時点で受けられない」ということであって、その問題点や状況が改善されれば、インプラント治療をおこなえるようになります。

インプラント治療をご検討の方は、これからご紹介するケースに自身が当てはまっていないか、一度確認しておきましょう。

お口の中の問題でインプラント治療が受けられないケース

お口の中の問題

インプラント治療ではお口の中に「インプラント手術後の治りを悪くする要因」や、「インプラントと骨と結合を妨げる要因」が残っているままだと治療が受けられません。お口の中に以下のような問題がある場合は、インプラント治療を始める前にその治療や改善に努める必要があります。

ブラッシング不足

歯磨きが不十分なままだと、お口の中にたくさんの雑菌が繁殖してしまいます。このような状況でインプラント手術をおこなうと、術後の傷口にその雑菌が感染し、傷の治りが悪くなるので注意が必要です。

このようなケースでは術前にブラッシング指導やクリーニングおこない、プラークコントロールが徹底されたことを確認したうえで、インプラント治療を進めていきます。

他の歯に虫歯・歯周病がある

お口の中に虫歯や歯周病があるケースでは、これらの原因菌が術後の傷口やインプラント周囲の歯ぐきに感染し、インプラントの定着を妨げる可能性があります。特に歯周病はその原因菌が「インプラント周囲炎」を引き起こし、インプラントを早期に脱落させる原因になってしまいます。そのため他の部位に虫歯や歯周病がある場合は、インプラント治療を始める前にその治療を優先しておこなっていきます。

骨量が少ない

インプラント治療の成否を大きく左右するのが、インプラントを埋入する部位の骨量です。骨量が少ないとインプラント本体を維持できないほか、手術中に重要な組織を傷つけてしまうリスクも高くなります。

ただこのようなケースでも、「骨移植」「GBR法」「サイナスリフト」など骨を増やす治療(骨造成法)をおこなうことで、インプラント治療が可能になります。治療期間は多少長くなりますが、手術を安全におこない、さらに治療後も長くインプラントを安定させるために必要な処置であることをご理解ください。

「歯ぎしり」「食いしばり」がある

歯ぎしりや食いしばりはインプラントやその周囲の組織に必要以上の負荷をかけてしまうため、治療後に思わぬトラブルを招く可能性が高くなります。このようなケースでは事前に咬み合わせの調整やマウスピースの装着など、咬む力のバランスを整える処置が必要です。

全身的な問題でインプラント治療が受けられないケース

全身的な問題

「持病があると、インプラント治療が受けられないのでは?」と心配される方もいらっしゃいますが、決してそのようなことはありません。ご病気をお持ちの方でも病状がしっかりコントロールされていれば、問題なくインプラント治療を受けていただけます。

ただし病気の状況によって「手術に危険をともなう」「インプラントの予後が悪い」と判断された場合、インプラント治療が受けられないことがあります。また現在服用されているお薬の中にも、インプラント治療が受けられないものや、治療を慎重に検討しなければならないものがあるので注意が必要です。まずはご自身の現在の病状をきちんと把握し、不安な点は担当歯科医またはかかりつけ医に相談してみましょう。

重度の糖尿病

重度の糖尿病では細菌に対する体の抵抗力が弱くなるため、インプラント手術後の傷口に細菌が感染しやくすく、治りが悪くなる傾向があります。さらに骨とインプラントとの結合がうまくおこなわれず、インプラントの予後を不良にする可能性も高くなります。

ただし糖尿病の方でも血糖のコントロールが良好であれば、インプラント治療を問題なくおこなうことができます。治療の可否については、HbA1cの値が6.9%未満であることが1つの基準となっています。

心筋梗塞・脳梗塞

6ヶ月以内に心筋梗塞や脳梗塞の既往のある方の場合、原則的にインプラント治療が受けられません。またそれより以前に発症したケースにおいても、主治医と相談の上、治療の可否を決定していきます。

骨粗しょう症

骨密度が低下する骨粗しょう症がインプラント治療の成功率にどのような影響があるのかは、いまだ明確な結論が出ていません。ただし骨粗しょう症で注意すべきなのは、服用しているお薬です。骨粗しょう症の治療で「ビスフォスフォネート製剤」を服用中の方は、抜歯やインプラントなど歯科の外科治療が禁止されています。服用しているお薬がある方は、必ず確認しておきましょう。

その他の病気や服用するお薬

必ずしも「インプラント治療が受けられない」というわけではありませんが、以下のご病気のある方、またはお薬を服用されている方は、治療に際して十分な配慮をおこなう必要があります。

・高血圧
・肝臓疾患
・腎臓疾患
・抗血栓薬(血がサラサラになるお薬)を服用の方
・ステロイド薬を服用の方

その他の問題でインプラント治療が受けられないケース

その他の問題

年齢

基本的にインプラント治療では年齢の上限がなく、成人の方で健康状態に問題がなければどの年齢の方でも治療を受けられます。ただし子どもの場合は顎の骨がまだ成長途中なため、インプラント治療はおこなえません。

喫煙

喫煙はインプラント手術後の傷の治りや、インプラントの予後を悪くする要因となります。したがって歯科医の多くは、インプラント治療中の節煙もしくは禁煙を勧めています。

様々な「リスク」が自身に当てはまらないかよく確認する

リスクの確認

インプラント治療では事前に「インプラント治療を安全におこなえるか」「埋入したインプラントが長期間良好な状態を保てるか」の2点におけるリスク診断をおこないます。インプラント治療を受ける際は、ご自身に潜むリスクをよく確認し、歯科医と相談しながら進めていきましょう。

(参照)口腔インプラント治療指針2016 日本口腔インプラント学会編
https://www.shika-implant.org/publication/dl/2016_guide.pdf

このページのTOPへ