医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

【切らない「フラップレス」インプラント手術】無切開・無剥離・無縫合-フラップレスサージェリー

HOME > お役立ち情報 > 【切らない「フラップレス」インプラント手術】無切開・無剥離・無縫合-フラップレスサージェリー

お役立ち情報 2018/07/07

【切らない「フラップレス」インプラント手術】無切開・無剥離・無縫合-フラップレスサージェリー

切らない(無切開・無剥離・無縫合)「フラップレス」インプラント手術とは

「フラップレス」インプラント手術とは、歯肉を切ることなく行える術式です。インプラント手術前にCT撮影を行い、さらにコンピューターによるシミュレーション設計を行います。そして、コンピューターが割り出した位置へと正確にインプラントを埋め込めるよう、手術用のテンプレートを制作します。従来のインプラント治療との違いや、メリット、デメリットなどについて詳しくご紹介します。

フラップレスインプラントとは

普通のインプラント治療との違い

一般的なインプラント治療では、歯茎を切開してインプラントを埋め込みます。2回法では、2回歯茎を切開することになります。フラップレスインプラント治療では、歯茎に小さな穴を開けるだけで済むのです。

奥歯だけ?前歯のインプラントでも切らなくていいの?

フラップレスインプラント手術は、奥歯と前歯の両方に適用できます。いずれの場合も歯茎を切開する必要がありません。インプラントの治療期間中、前歯の傷が目立つため、受けたくないという方もいます。フラップレスであれば治療期間を短縮できるため、少ない負担でインプラント治療を受けられるのです。

「フラップレスインプラント」のメリットとデメリット

フラップレスインプラントには、メリットだけではなくデメリットもあります。必ずしもフラップレスインプラントを選択した方がよいとは限らないので注意しましょう。メリットとデメリットについて、詳しくご紹介します。

メリット

フラップレスインプラント手術では切開と縫合をしないため、短時間で手術できます。そのため、手術に対する不安や緊張による心身への影響を最小限に抑えられるのです。また、歯茎を切開しないため、少ない出血で済みます。傷口が小さいと、それだけ感染症のリスクも少なくなります。身体への負担が最小限であるため、術後の痛みも少なく、痛み止めを飲まなくて済むケースもあります。
さらに、傷口が小さいため比較的短期間で傷が塞がり、普段通りの生活に戻れることもメリットです。フラップレスインプラントは審美性が良いため前歯のインプラント治療には向いています。

デメリット

フラップレスインプラントのデメリットは、骨の状態が悪いと適用できないことです。ただし、これは従来のインプラントのデメリットと同じです。なお、骨が少ない場合には、骨を増やす処置を受けることでフラップレスインプラントを適用できます。骨を増やす処置はオプションであるため、追加料金がかかります。
また、フラップレス手術は、歯肉の上から骨を見ずに行なわれる手術であるために、他のインプラント手術以上に歯科医師の経験や高度な技術が求められるので
フラップレスインプラントを行っている歯科医院が少ないこともデメリットと言えるかもしれません。フラップレスインプラント治療を受けられる歯科医院が遠くにある場合、交通費と時間をかけて通うか、近くの歯科医院で従来のインプラント治療を受けるか選ぶことになります。

手術後の痛みや腫れはどのくらい?

フラップレスインプラントでは、手術後の痛みや腫れはどの程度なのでしょうか。従来のインプラントよりも少ない負担で受けられるため、痛みや腫れなども少ないと考えられます。フラップレスインプラント手術後の痛みや腫れについて、通常のインプラント治療後との比較を含め、詳しく解説していきます。

治療後の痛みの度合い

歯茎を切開しないので負担が少ない

フラップレスインプラントは歯茎を切開しないため、痛みや腫れも起こりにくくなっています。インプラント治療後の痛みや腫れを懸念して、治療を希望しない方はたくさんいます。そのような方でも気軽に受けられるのが、フラップレスインプラントです。

通常のインプラント治療との術後の比較

通常のインプラント治療後では、痛みや腫れが数日間続きます。あまりにも強い痛みによって、日常生活に支障をきたすこともあるのです。ただし、痛み止めを飲むことで痛みを和らげることが可能です。しかし、それでも耐えがたい痛みに襲われる方もいます。フラップレスインプラントは、痛みや腫れが短期間で治まり、症状も強くないため、日常生活に負担がかかりにくくなっています。
また、インプラント治療後は、軽くブラッシングや口をすすぐなどしてケアが必要な場合がありますが、治療期間が長いと途中でケアが嫌になる可能性があります。そうすると、口の中の環境が悪くなり、インプラント周囲炎という歯周病と同じ症状が現れるリスクが高まるのです。フラップレスインプラントは、傷口を考慮したケアをする期間が短いため、口腔内を清潔に保ちやすくなっています。
また、インプラント治療後は、できるだけ安静に過ごす必要があります。これは、運動によって血流が促されると、傷口から大量に出血する恐れがあるためです。一般的に、2週間は運動を控えるよう指導されます。フラップレスインプラントでは、傷口からの大量出血のリスクが低いため、通常よりも短期間の安静指示となります。仕事で仕方なく運動することになった場合にも、傷口への影響が少なくて済みます。

フラップレスインプラントの費用は?

フラップレスインプラントがどれだけ優れている術式でも、費用が高すぎるのであれば選べませんよね。従来のインプラント治療と、どれぐらい費用に差があるのか詳しくご紹介します。

治療費について

通常のインプラント治療との費用の比較

フラップレスインプラントは、CT撮影とコンピューターシミュレーション設計を行います。CT撮影は、従来のインプラント治療でも行うため、CT撮影の料金が高くなることはありません。ただし、コンピューターシミュレーション設計には追加料金がかかります。そして、シミュレーションのガイドに従って歯茎に穴を開けるという工程となるため、従来のインプラント治療よりも複雑な手術となります。そのため、従来のインプラント治療よりも手術費が高く設定されています。料金の表記は歯科医院によって異なり、手術費〇〇円や、フラップレスインプラントは追加料金○○円などと記載されています。医院によっては追加費用を取らないところもあるようなので費用を比べてみた方が良いでしょう。

追加料金の相場は20,000~50,000円と幅広いため、事前にしっかり確認しておきましょう。なお、従来のインプラント治療の相場は1本につき約30万~50万円となっています。3本のインプラント治療で約90万~150万円であるため、全てフラップレスインプラントの場合は約96万~165万円が相場となるでしょう。

このページのTOPへ