医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

【インプラント治療】インプラントの治療期間は?どれくらい痛いの?

HOME > お役立ち情報 > 【インプラント治療】インプラントの治療期間は?どれくらい痛いの?

お役立ち情報 2018/06/29

【インプラント治療】インプラントの治療期間は?どれくらい痛いの?

インプラントの治療期間は?

インプラント治療にかかる期間は、約3ヶ月~10ヶ月と非常に幅広くなっています。これは、インプラントを入れる部分や本数、手術の回数などが関係しています。インプラント治療の期間について、詳しくご紹介します。

インプラントの模型

奥歯、前歯、上顎、下顎によっても期間は変わる

インプラント治療は、奥歯に適用しやすいとされています。これは、インプラントを埋め込む骨がしっかりとしていることが多いためです。それに対し、前歯は土台となる骨が薄いため、場合によっては骨を増やす処置が必要となります。特に、上顎は下顎に比べて骨が薄いため、治療期間が長くなりがちです。

1回法、2回法と手術の回数でも治療期間は変わる

インプラント治療には、1回だけ手術する1回法と、2回手術する2回法があります。1回法では、歯肉を切開する処置を1回だけ行い、2回法では2回行います。2回法の方がインプラント治療の期間が長くなりますが、1回法と比べて感染のリスクが低いというメリットがあります。

クリニックや歯科医師によっても期間は変わるの?

歯科医院ごとにインプラント治療の期間が異なります。これは歯科医師のインプラント治療の工程における考え方や、予約の混み具合などが影響するためです。10ヶ月を大きく超える期間かかることは余りみられないので安心してください。ただし、インプラント治療の途中で歯周病にかかると、中断せざるを得なくなります。そうすると、インプラント治療に10ヶ月以上かかることになるかもしれません。

手術の時間はどれくらいかかるの?

インプラントの手術にかかる時間は、1本あたり15~20分程度です。2本で30~40分程度と増えていきますが、事前準備や助手の数などで変わる可能性があります。大体の目安として覚えておきましょう。なお、インプラントを4~6本埋めて、その上にブリッジを装着するオールオンフォーなどの治療には、40~60分程度かかります。

インプラントが骨にくっつくまでの期間は?

インプラント治療には、インプラントを骨に埋め込み、骨と結合するまで待つという工程があります。骨とインプラントが結合するのにかかる期間は、一般的に3~6ヶ月といわれています。年齢や顎の状態、体質など様々な要因で期間が変動します。

インプラントの手術は全身麻酔?

麻酔には、大きく分けて全身麻酔と局所麻酔、静脈内鎮静法・笑気吸入鎮静法があります。インプラントには、基本的に局所麻酔が用いられます。これは、歯茎を切開して骨にインプラントを埋め込むだけであり、全身麻酔の必要はないためです。しかし患者さまは意識があるため、骨に穴を開けられていることに不安や緊張を感じてしまうことがあります。
不安や緊張が強い場合には、静脈内鎮静法や笑気吸入鎮静法と局所麻酔が併用されます。恐怖や緊張が和らぐため、意識はあるものの恐い思いをすることなくインプラント治療を受けられます。しかし、手術中に麻酔が切れることはないのか、抜糸のときも麻酔してもらえるのかなど様々なことが気になる方もいるでしょう。インプラント治療の麻酔について、詳しくご紹介します。

注射の画像

麻酔が途中で切れる事はあるのか

インプラント治療が終わるまでは効果が続くように麻酔量を調整します。そのため、手術中に麻酔が切れる心配はほとんどありません。しかし、麻酔の効き方には個人差があり、場合によっては手術中に麻酔が切れることもあるでしょう。その場合は、追加で麻酔をしてもらえるため、心配はいりません。

クリニックによって麻酔も違う

クリニックによって局所麻酔のみ使うか、静脈内鎮静法や笑気吸入鎮静法と局所麻酔を併用するか異なります。
鎮静法には笑気ガスと言われる亜鉛化窒素ガスを鼻から吸引するタイプの「笑気吸入鎮静法」と、腕の静脈から点滴によって鎮静薬を注入する「静脈内鎮静法」の2種類があります。笑気吸入鎮静法は静脈内鎮静法と比べると、ガス濃度の調節がとても簡単な為、吸入を止めればすぐに元の状態に戻るので安全です。静脈内鎮静法では投与した鎮静薬を取り出す事はできませんが、笑気は呼吸により吸収・排泄可能なので効果の調節が容易で、呼吸器や循環器にほとんど影響を与えません。恐怖や不安・緊張が強い場合には、笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法と局所麻酔を併用してくれる歯科医院の方が良いでしょう。

抜糸も麻酔をしてくれるの?

抜糸は一瞬痛いだけですが、それでも苦手という方もいるでしょう。歯科医院によっては表面麻酔という塗るタイプの麻酔を使ってもらえることがあります。抜糸の痛みが苦手な方は歯科医師に相談してみましょう。普段は抜糸時に表面麻酔を使っていなくても相談すれば使ってもらえる可能性はあります。

歯周病でもインプラントはできる?

歯周病にかかっている場合は、インプラント治療を受けられません。歯周病を治さないままインプラント治療をしてしまうと、歯周病菌がインプラントの周りにも感染し、インプラント周囲炎というトラブルが起こる恐れがあります。インプラントに不具合が起こる可能性が高いため、必ず歯周病の治療を優先しなければなりません。その他、骨粗しょう症や糖尿病などにかかっている場合にも注意が必要です。詳しくみていきましょう。

歯周病に苦しんでいるお爺さん

骨粗しょう症で骨が少なくてもインプラントは可能か

骨粗しょう症では、骨密度が低下します。そのため、インプラントへの影響を心配する方もいるでしょう。しかし、骨粗しょう症の影響はあまり受けないとされています。ただ、骨粗しょう症の特定の治療薬を服用している場合は、インプラントと骨が結合しにくくなる可能性があります。そのため、インプラント治療中は休薬が必要です。歯科医師が主治医と連携をとってくれるので、指示に従いましょう。

糖尿病でもインプラントって出来るの?

糖尿病では、インプラント治療後の傷の治りが悪くなったり、治療中に低血糖発作、高血糖発作を起こしたりする可能性があります。そのため、手術前の血糖値の測定や、術中に起きた発作を鎮めるためのブドウ糖の点滴などの準備をしたうえで、インプラント手術を行う必要があります。

感染症の心配はない?

歯科医師の指示に従って行動すれば、インプラント治療によって感染症にかかる心配はほとんどありません。軽いブラッシングや口をすすぐなど、手術の内容や術式に合わせてアドバイスを得られるので、歯科医師の指示に従ってケアをしましょう。また、インプラント治療に用いる器具が不衛生な場合も、感染症のリスクを伴います。衛生面に十分な配慮がある歯科医院を選びましょう。

インプラント手術は痛いのか

インプラント手術では、ドリルで顎の骨に穴を開けたり歯茎を切開したりするため、痛いイメージを持っている方もいるでしょう。実際、インプラント手術は痛いのか、各工程ごとに解説していきます。

インプラント手術はどれくらい痛いかを考えているお婆さん

歯肉はどれくらい切られる?

歯肉の切開は、インプラントを顎の骨に埋めることを目的としています。そのため、大きく切開される心配はありません。ただし、複数のインプラントを埋める場合は、それだけ何度も歯肉を切開されることになります。

骨に穴を開けるときの痛みはどれくらい?

骨に穴を開けるときには、ほとんど痛みは感じません。麻酔によって感覚が麻痺しているため、少しの痛みや違和感などはあっても、強く痛むことはないでしょう。

奥歯と前歯で痛さは違う?

奥歯と前歯で痛みが異なる可能性はありますが、明らかな痛みの差はみられません。また、手術中は麻酔が効いているため、強い痛みを感じることはないでしょう。

手術後の痛みはどれくらい続くの?

手術後、麻酔が切れると痛み始めます。痛みの強さは様々で、我慢できない人もいれば、大したことないと感じる人もいます。痛みは数日続きますが、1週間もすれば痛みはほとんど落ち着いているでしょう。手術後は、処方された痛み止めを飲むことが大切です。痛くないからと言って痛み止めを飲まないでいると、炎症が強くなり、トラブルが起こる可能性があります。

インプラントはどれくらい持つの?

インプラントは、10年以上は持つことが多いようです。中には、40年以上も使い続けていた事例もあります。ただし、インプラントのメンテナンスを続けることが前提となります。

インプラントが何十年も持ち、喜んでいる老夫婦

入れ歯、ブリッジとの違い

入れ歯は、人工の歯をバネで歯に取りつけるものです。総入れ歯は、人工の歯がついた人工の床を口の中にはめ込みます。ブリッジは、天然の歯に人工の歯をかぶせ、橋のようにする方法です。人工の歯を被せる歯を削る必要があります。インプラントは、入れ歯やブリッジとは違い、骨に土台を埋め込むため、噛み心地や食べ物の味の伝わりやすさなど、より天然の歯へと近づけることができます。

入れ歯をインプラントに付けることは可能?

インプラントデンチャーといって、インプラントの上に総入れ歯をはめ込む装置を取り付け、総入れ歯を安定させる方法があります。総入れ歯だけで使うよりも噛みやすく、口腔機能を高めることが可能です。

このページのTOPへ