医療法人社団明敬会 湘南藤沢歯科 インプラントセンター
お問い合わせ・予約受付

診療時間 / 午前 10:00 ~午後 19:00
日曜 午前 10:00 ~午後 17:00

定休日 / 年中無休

住所 / 神奈川県藤沢市辻堂新町 4-3-5
MrMax 湘南藤沢ショッピングセンター 2F

術後のメンテナンスでインプラントの寿命が決まる!

HOME > お役立ち情報 > 術後のメンテナンスでインプラントの寿命が決まる!

お役立ち情報 2020/07/24

術後のメンテナンスでインプラントの寿命が決まる!

インプラントは喪失歯の修復方法の中でも丈夫で寿命も長いといわれる装置ですが、そのためには術後に定期的なメンテナンスをおこなうことが必要不可欠です。メンテナンスを怠ると、インプラントが故障・脱落などの不具合を起こしてしまうことにもなりかねません。
今回はインプラント治療後に必要なメンテナンスについて、その重要性や内容についてご紹介したいと思います。

■なぜインプラントは術後にメンテナンスが必要なのか

インプラントが他の修復装置と違うメリットは、人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋入することでしっかりと噛む力に耐え得る機能を回復できることです。入れ歯やブリッジのように残存歯に負担をかけることもなく、埋入した人工歯根がしっかり支えてくれるため、天然歯と同じような噛み心地と咬合力を回復します。
とはいえ、これはインプラントが顎骨や周辺組織としっかり結合していることが必要。メンテナンスをおこなわないと起こる弊害によって、インプラントの故障や脱落などを起こしてしまいます。

・インプラント治療の手術とは?

歯を喪失した部分の歯茎を切開し、下のあごの骨を削って穴を開けます。そこにインプラントの土台となる人工歯根(フィクスチャー)を挿入し、顎の骨や周辺組織と結合するまで数カ月待ちます。(期間は個人差があります)
インプラント体がしっかり結合して安定しているのを確認し、上部に人工歯を被せます。
※人工歯と人工歯根をつなぐアバットメントを装着するタイミングは施術法によって異なります。

・インプラントの失敗を防ぐことが寿命を延ばす!

先にご紹介したように、インプラントは外科手術を伴うため、術後の状態が悪いと安定しないこともあります。術後順調にインプラント体が安定するためには、顎骨や周辺組織の健康を保つことが必要です。そのためにはまず、インプラントの周辺組織が細菌感染を起こさないよう、インプラント周囲炎にはとくに注意しておきましょう。

■インプラントの術後を左右する「インプラント周囲炎」

インプラント手術は、合併症が起こらないように細心の注意を払い、適切に準備したうえで行わなければなりません。インプラント手術では、次のような合併症が起こる可能性があります。

・インプラント周囲炎が起こる原因

インプラントは精巧な修復物ですが、天然歯に比べればどうしても人工歯根と人工歯(上部構造)の継ぎ目があったり、経年と共に素材についた傷など、歯垢が沈着しやすい部分があります。インプラント周辺に歯垢が沈着し不衛生な状態が続くと歯周病菌が繁殖し、細菌の出す毒素が原因で周辺組織が炎症を起こします。
もともと歯周病を起こし易いリスクをお持ちの方もいらっしゃいますので、自己管理だけでなく、術後は定期的に歯科医院でメンテナンスを受けてしっかりと管理してもらいましょう。

■インプラント周囲炎のリスクを高めてしまう要素

一生懸命ブラッシングをしたりしている方でも、歯周病になりやすい方がいらっしゃいます。そのような方はインプラントに関しても周囲炎を起こし易い可能性が高いので、ぜひメンテナンスを欠かさず受けていただきたいと思います。

・歯周病になりやすい人

歯を喪失した原因が重度の歯周病だった場合は注意が必要です。唾液の分泌量や口腔内常在菌は個人差があるため、歯周病になりやすいと感じる方はメンテナンスの期間を通常よりも短めにするなど、さまざまな工夫ができます。

・歯並びが悪い人

歯並びや噛み合わせにズレがある場合は、デコボコした部分に歯垢が残りやすくなり、インプラント周囲炎のリスクは高くなってしまいます。また、噛み合わせが悪くインプラントに負担がかかってしまう場合も、その刺激で周辺組織が炎症することもあります。

・口呼吸の人

静常時にも鼻でなく口で呼吸することが習慣化してしまっている方は、常に口が開いており口腔内が乾燥しがちです。この状況下では口腔内常在菌が繁殖しやすく、唾液による殺菌作用も自浄作用も働きにくいため、口腔内の環境が不衛生になりやすくインプラント周囲炎のリスクも高くなってしまいます。

・糖尿病を患っている

糖尿病に罹患している場合、高血糖の血液が原因で感染症に罹りやすくなります。そのため、口腔内の細菌感染で起こる歯周病のリスクが高くなってしまいますので、インプラント周囲炎もなるリスクが高いと考えられます。

・喫煙習慣がある

喫煙は一酸化炭素やニコチンによって血管収縮を起こし、組織への酸素や栄養を佐俣t毛てしまいます。また、傷を治すための線維芽細胞の働きを阻害してしまうため、術後の修復の妨げにもなります。

・噛み合わせが悪い

インプラントには、人工の歯を被せます。そのため、相対する歯との噛み合わせにも十分に考慮しなければなりません。噛み合わせが合わない人工の歯を被せることで、インプラント手術後に噛み合わせの悪さを感じ、食事や会話に支障をきたす可能性があります。

■術後のメンテナンスとは

インプラント治療完了後、どのようなメンテナンスがおこなわれるのでしょうか。またその費用や頻度はどのくらいでしょうか?
インプラントは自費診療のため、内容や費用は医院によって違いもありますが、一般的な内容をご紹介しますので参考にご覧ください。

・インプラントの術後メンテナンス

メンテナンスの主な内容としては、まず、インプラント周囲炎がないかどうか周辺組織の状態を確認します。歯周ポケットの深さを確認したり、インプラントに動揺がないかチェックもおこないます。
そして、インプラントが破折などを起こしてないか、噛み合わせの高さは揃っているか等、不具合がおこっていないか確認もおこないます。
また、必要に応じてレントゲン撮影をおこない、内部の状態も確認します。

・歯科衛生士によるTBIやPMTC

お口の状態に合わせた正しいブラッシング指導(TBI)をおこなったり、歯磨きで落としきれずに沈着している歯垢や歯石の除去等、歯のクリーニング(PMTC)をおこないます。

・メンテナンスの期間と費用

1度のメンテナンス費用は一般的に3000~10000円程度です。保険適応外の治療になるため、医院の設定金額や内容によって差があります。また、メンテナンス費用は医療費控除の対象となる場合もあります。治療を始める前に、術後のメンテナンス費用についても確認しておきましょう。

■まとめ

インプラントが丈夫な修復装置なのは、定期的なメンテナンスをしっかりおこなっているからこそです。セルフメンテナンスはもちろんのこと、歯科医院のメンテナンスを継続することでインプラントの術後の寿命が長くなります。
また、インプラントメーカーによっては保証が付いたものもありますが、メンテナンスを継続している場合でないと適応対象外になることもありますので、ぜひ継続してくださいね。

このページのTOPへ